2月タブレットブラウザシェア、Safari減少とChrome増加
  • computer
  • 08/05/2022
  • 121 Views

2月タブレットブラウザシェア、Safari減少とChrome増加

StatCounterから2022年2月のタブレットブラウザのシェアが発表された。世界のシェアの内訳は以下の通りだ。

2月タブレットブラウザシェア、Safari減少とChrome増加

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Chrome 46.88% 46.31%
2 Safari 38.50% 39.44%
3 Android 12.87% 12.65%
4 Opera 0.65% 0.64%
5 Instabridge 0.21% 0.05%
6 Puffin 0.17% 0.17%
7 UC Browser 0.15% 0.15%
8 Yandex Browser 0.14% 0.17%
9 Firefox 0.13% 0.15%
10 Edge Legacy 0.08% 0.06%
11 Edge 0.07% 0.06%
12 Other 0.06% 0.05%
13 Unknown 0.04% 0.04%
14 IE 0.03% 0.04%
15 QQ Browser 0.01% 0.01%
16 Kindle 0.01% 0.02%

続いて、日本におけるシェアは次のとおりだ。

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Safari 51.33% 52.58%
2 Chrome 32.70% 31.86%
3 Android 14.61% 14.34%
4 Opera 0.76% 0.52%
5 Firefox 0.19% 0.28%
6 Edge 0.08% 0.03%
7 IE 0.06% 0.06%
8 Sleipnir 0.05% 0.12%
9 Puffin 0.05% 0.07%
10 Other 0.05% 0.03%
11 Unknown 0.04% 0.02%
12 UC Browser 0.03% 0.02%
13 Edge Legacy 0.03% 0.03%
14 Yandex Browser 0.01% 0.02%
15 Silk 0.01% 0.00%
16 Coc Coc 0.00% 0.00%

2022年2月は、世界も日本もSafariがシェアを落とし、Google ChromeとAndroidブラウザがシェアを増やした。タブレット向けWebブラウザのシェア推移に大きな変動はない。この1年、Safariは減少傾向にあり、ChromeおよびAndroidブラウザは増加傾向にあるが、2022年2月も同様の傾向が続く形となった。

Statcounter Global Statsは、世界中の200万を超えるサイトに埋め込まれたトラッキングコードから、これらのサイトにおける月間100億を超えるページビューで使用されているブラウザ/オペレーティングシステム/画面解像度を分析したもの。

#
#
#
#
#
#